初心者必見!Slackをはじめたらまずやること

Slackをはじめて1週間、右も左も分からないときに何をすればよいかを話していきます。
「メディア」編集部

最近コロナウィルスの影響でリモートワークする方が増えていますよね。
私もそんな一人で最近Slackを使うようになりました。

今回はSlackをはじめて使う人向けに最初やっておくと良いことをお話します。
最初は何をどうすればわからないといった悩みが出て不安に思うかもしれませんが
「ここだけおさえておけばいいんだ!!」
というところをピックアップしてます。
Slackを操作しながら読めばより理解が深まります。

 

プロフィール画像設定

まずはTwitterやInstagramなどのSNS同様にプロフィール画像を設定します。
Slackでは複数人とやりとりをすることがほとんどですから、分かりやすいプロフィール画像を設定しましょう!

やり方はこちらを参照
僕は似てるって言われるので、少年アシベの少年をアイコンにしています。

 

Slackはチャットツールです

ひとえにチャットと言っても、種類があります。
ワークスペースにいるメンバーで出来るチャットは以下のとおりです。

※ワークスペースとは左側の帯のこと

 

・ダイレクトメッセージ

ダイレクトメッセージは1対1のトークです。
ただし、ダイレクトメッセージと言っても、通常のチャットツールとの大きな違いは管理者がトークの内容を覗く事が可能です。
これはビジネスにおけるトラブル時に第三者の目が必ず必要だからです。
とはいっても個別のダイレクトメールを見られるなんて、、、
そういったプライベートな話はLINEなど他のツールを使ってやってくださいというのが大前提です。
社内不倫してて、Slackチャットでやり取りなんてしてたら、管理者にバレちゃいますね。
不倫はダメです!!

 

・パブリックチャンネル

パブリックチャンネル(チャンネル名の頭に#がついているもの)は誰でも参加可能なチャンネルです。
パブリックチャンネルは自由に抜けることも出来ます。
給湯室のようにぺちゃくちゃおしゃべりする事も出来ますし、全員が閲覧している自由度の高いチャンネルになります。
このパブリックチャンネルは、ビジネスにおいて、全員に周知すべきお知らせなんかにも利用されますね。

 

・プライベートチャンネル

プライベートチャンネル(チャンネル名の頭に鍵マークがついている)は特定の招待された人しか入ることも閲覧することも出来ません。
使い分けは話す内容に合わせてそれぞれです!
プロジェクトごとに区切ったり、部で区切ったり、マネジメントだけで会議、経営層だけでの会議など、組織によって区切り方も違うとは思います。
はい、仕事とプライベートは切り離しましょう!!

 

@メンションとは?

チームチャットにはメンションという機能があります。
メンションはみんなで共有したいけど誰宛かを明確にすることが出来ます。
LINEのグループトークなどで、誰に対してのかよくわからないつぶやきで既読スルーされてしまった経験ありませんか?
そういったときにこそメンション機能が有効です。
メンション機能を使うと、相手に通知がいくので、メッセージをしっかり届ける事ができます。

@名前 特定の人に対して
@here 今Slackにいる人
@channel 全員

メンションは以下の通りすれば複数人にも送れます
@鈴木 @佐藤 @田中 @高橋

 

Slaackを開いている方は今すぐメンションを使ってメッセージを送ってみてください!!
より詳しいやり方はこちらを参照

 

メッセージの送信が編集、削除できる!

またSlackでは送信したメッセージを編集することが出来ます。
ビジネスメールだと誤送信⇒お詫び⇒再送信と手間がかかります。
LINEなどでは取り消しは出来ても修正の編集は出来ません。

 

やり方はこちらを参照

 

スタンプ機能

他のチャットツール同様にスタンプを使ってリアクションすることも可能です。
Slackのスレッドにカーソルを持っていくと、顔のマークがあります。それを押すと、リアクション用のスタンプを選ぶ事が出来ます。
一度押したスタンプはもう一度押せば取り消すことも可能です。

 

「返信はまだ出来ないけど、読んだよ!」という合図にもなりますし、なんだか、自分のスレッドにスタンプがつくと嬉しいんですよね。

 

スタンプも重要なコミュニケーションツールです!
メッセージ内にて好きなスタンプを押して、絵文字のように使う事も出来ます。

 

より詳しいやり方はこちらを参照

 

また少し応用かもしれませんがSlackでは絵文字もカスタムして作成できます。
オリジナルの絵文字で自由にコミュニケーションを取ることが可能です。
これはテンション上がっちゃいますね~

 

もっと詳しいやり方はこちらを参照

 

【重要】スレッド機能を使おう

Sackにはスレッドと呼ばれる機能があります。
ひとつの議題に対してフィードバックを行ったり、返信をまとめておける機能です。

 

メールの場合も返信がずっとスレッドになって保管されますよね。
人数が多かったり、議論が多いチャンネルでは会話を整理しておく必要性があります。

 

スレッド機能を使って会話をまとめておけばあの仕事どうしたっけ、、、なんてことが無くなりますよ!

 

スレッドを使用して会話を整理する

 

最後に

今回はSlackで最低限のコミュニケーションが取るために必要なことをお話しました。

Slackは基本的な用語を理解していればあとは直感的に操作できます。

なにより実践が一番理解を深めることが出来ますので、Salckを使ってどんどんトークをしていきましょう。