オウンドメディアで集客するのをオススメする理由

オウンドメディアを使った自社集客をしたいと考えている企業も今は多いのではないでしょうか? 工数がかかるとか、長期運用が必要とか、コンテンツをどう企画していいか分からないとかオウンドメディアの運用が難しいという理由も多いのですが、オウンドメディアを使った集客をするとなぜ良いのか?それをメディアコンサルの視点で書いてみました。商品やサービスに限らず、人事の採用の方にも是非見て貰いたいです。

こんにちは、まるカリです。

今日は、ウェブ広告、マッチングサイト、集客プラットフォームに依存した集客ではなく、オウンドメディアを使って自社集客するのがオススメな理由を

メディアコンサルの視点でお伝えします。

※オウンドメディアとは、企業が自社で運営するメディアのことです。

一般的には自社のHPやブログ、他にも、自社が運営するTwitterの公式アカウントやYoutubeなども含まれます。

 

オウンドメディアは絶対あった方がいい!

自社のファンを生み出していくためには、オウンドメディアの運営は欠かせません。

顧客との信頼関係を向上させることが目的です。自社の製品やサービスの価値を魅力的に伝えていきましょう。

 

オウンドメディアのメリット

 

1 広告に依存しない自社集客が出来る可能性がある

 

2 顧客が納得した状態で商品やサービスを使うので価値を感じやすい。

 

3 自分が営業していない時もコンテンツが休まず働いてくれる

 

4 顧客のその先に口コミや紹介を起こす時、コンテンツがあると紹介しやすい。

 

5 会社の資産になる

 

オウンドメディアのデメリット

 

1 継続的かつ長期運用が必要

 

2 運用工数がかかる

 

3 コンテンツの企画や設計が難しい

 

デメリットというか、成果が欲しいとなったら当り前だと思いますが。

痩せたいけど、運動しない食事制限しない。っていうのはムリな話しですよね。

それと同じです。オウンドメディアの運用は決して楽ではありません。

だからこそ価値があります。

 

 

何故オウンドメディアを使った集客が良いのか?

 

広告を使った集客ではなく、オウンドメディアを使った集客をした方が良いのは、顧客側が、商品やサービス価値を理解したうえで納得して商品を購入したり、サービスを使ったりするからです。

効果と価格で比較して購入してくるお客さんと、このメーカーがつくってる(このメーカーに勤めているあの人がオススメしてくれてる)商品だからと購入してくれるお客さんどちらが今後継続して商品のファンになりそうですか?

 

採用の場合も同様です。企業の事を調べたり、そこで働く人や関わる業界の事を調べて良い事も悪い事も納得したうえで会社に価値を感じて入るのか…

転職サイト等で条件で他社と比較して入ってくるのとでは違いますよね。どちらの転職者や就職希望者が会社のファンになって力を尽くしてくれそうですか?

勿論後者ですよね。

だから、商材でも採用でもオウンドメディアを使って集客することが大事なんです。

 

こんなオウンドメディアが良い

 

オウンドメディア運用する上ではコンテンツ設計とコンテンツ作成は欠かせません。
どんなオウンドメディアが良いオウンドメディアなのか…。どんなコンテンツがあると、良いオウンドメディアになるのか。

商材への集客でも、採用集客でも答えは同じです。

答えは、見込み顧客が求めているコンテンツを作成することです。

 

見込み顧客はどんなコンテンツがあったら嬉しいかな?と思ってコンテンツを企画していくことが大事です。

見込み顧客が求めているコンテンツを作成して届けよう!

 

見込み顧客の課題解決に繋がるコンテンツ、見込み顧客の目標設定を達成するためのコンテンツを作る。これにつきます。

ついつい、自社サービスの説明やメリットの記事ばかり書いてしまいがちですが、気を付けましょう

 

とは言え、オウンドメディアでコンテンツ作成しているだけだと集客は難しい。

 

ひとえにオウンドメディアといっても色々あると思います。
LP作ったら集客出来る、ECサイト立ち上げたら集客できる、採用ぺージ作ったら問い合わせ来るみたいな簡単なものではありません。

ブログで見込み顧客が求めているコンテンツだけ作成してればいいのかというとそれも違います。

 

見込み顧客の求めているコンテンツが作れたら次はそれを届けて行く必要があります。

↓関連記事はこちら

見込み顧客が求めているコンテンツを作成して届けよう!

 

まとめ

長期で運用が必要なオウンドメディア

最初の導入ハードルをあげてしまう人、コンテンツで苦戦する人、集客出来ないと悩む人、リソースが避けなくなり更新出来ない人

色んな理由でオウンドメディアの運用や、継続が難しいという企業はあります。

オウンドメディア運用のお悩み3選

でも、オウンドメディアはいずれ必要になり、いつかあなたを助けてくれます。

それを信じて良いオウンドメディアを運営していきましょう。

 

見込み顧客が求めているコンテンツをどうやって届けて行くかの戦略まで、メディアデザインを使うと分かりやすく見えるか出来るようになります。

興味のある人はこちらも覗いて見てね(note)