三永武明インタビュー おうちディズニーの裏側とは?

俳優を志し上京。主に舞台やCMの作品に出演しており、現在はYouTubeにてオリジナルドラマやミュージックビデオなど様々な作品を配信し、マルチに活動し活躍されている三永武明さん、そんな彼の生み出す作品の裏側に迫ります。
「メディア」編集部

まぁるいカリスマです。

今回は、私の一押しYoutuber三永武明さんにインタビューさせて頂きました!

ディズニーをおうちで体験できるという誰にもマネできない体験をプレゼントしてくれた方です。

私はディズニーが大好きなのですが、ディズニー好きじゃない方も、きっと感動出来ますよ!

今回は、俳優であり、クリエイティブの才能に溢れる三永さんの魅力に迫ります…。

 

三永武明さんってどんな人?

 

ーおうちディズニーというからには、Diseny好きですか?

 

三永「物心ついた時から好きでした。高知出身っていうのもあって、映画をずっと見てました。役者を目指して上京しました。」

 

ー俳優を目指したきっかけは何ですか?

 

三永「コメディー系やハリウッドのアクション映画も好きで、グリーンバックでCGとかスーパーヒーローとかベタに憧れています!」

 

まるカリ「ハリーポッターとかファンタジー系も好きなのですか?」

 

三永「そうです、大好きです。」

 

ーYoutubeを始めたきっかけは何ですか?

 

三永「有難い事にドラマやCMのお仕事を頂く事も多いのですが、自分で想像力を膨らませて演じる事をYoutubeで配信出来たらなと思って始めました。後は、コロナの自粛期間という、タイミングもあいまって、何かエンターテイメントを提供できないかなと考えたのがこのおうちディズニーです。」

 

ーおうちディズニーの工作や動画編集は独学ですか?いつから興味があったんですか?

 

三永「まず工作に関しては、小さいときに見た、ポップアップ絵本に衝撃的な感動を覚えて、立体で奥行きもあってわっと驚かせられる。あれが好きなんです。小学生の時赤ずきんのポップアップ絵本を作りました!」

 

まるカリ「平面が立体になるワクワク感めちゃくちゃ分かります。でも創ろうと思ったのが凄いですね。」

 

三永「ピタゴラスイッチも凄く好きで、自分で作って遊んでました。」

 

まるカリ「自作で!?素晴らしい…。天才少年ですね、幼い時からその片鱗はあったのですね」

 

三永「中高の選択科目も美術をとっていたし、コンクールの受賞歴も一応あります。中学生高校生の時は、文化祭の屋台で何を作るかじゃなくて、屋台の店の枠組みや看板を創ってました。それで、先生にも一目おかれていて、動画興味ある?と言われたところから、修学旅行や文化祭の動画の編集をやり始めたんです。」

 

まるカリ「そこから動画編集にも興味持ち始めて今に至るんですね!!」

 

三永「はい、最初はファイナルカットプロ使ってましたが、最近はAdobeのソフト全部駆使してやってます!」

 

まるカリ「ご自身で勉強されたんですか?」

 

三永「俳優の傍ら、アルバイトでデザインの仕事も請けていたので、イラレとかフォトショも覚えていきました。」

 

この投稿をInstagramで見る

MITSUNAGA(@takeaki_mitsunaga)がシェアした投稿

 

まるカリ「何でも出来てしまうのですね…。動画制作において、難しいと感じる事はありますか」

 

三永「映り方に苦手意識は感じていました。カメラの位置とかカメラワークとかドラマならプロが撮ってくれますが、自分自身で演出をつけて、ライティングを変えて細かい所を見ながらセンシティブに表現が変わるんだなって見ながら悔しい想いをしたりって感じでまだまだ修行中です。昔から物まねは好きでしたが、今アフレコしているキャラクターも喉を絞ったり、可愛いキャラや、太い声を入れてみたり、声だけで演じるっていうのも難しいなと思ってやっています!」

 

まるカリ「全然苦手意識を感じさせないですが…。むしろ絶対にこれは無理~みたいなものあります?」

 

三永「言葉よりも、表情や見せ方で世界観を出してきたので、トークは苦手です。ちょっとチャレンジだなと思っています。」

 

まるカリ「最近少しずつチャレンジされてますよね。あと、普通に今トークしているだけでも凄く楽しい時間が流れています。」

 

三永「あはは、カメラの前じゃないからかもですね。」

 

おうちディズニーはどうやって生まれた?

 

おうちディズニーとは、三永武明さんが創る魔法のコンテンツ。

おうちにいながらにして、まるでディズニーランドのアトラクションに乗っているような気持ちになれるYoutube動画です。

 

 

 

ーおうちディズニーはどのようにして生まれた?

 

三永「ぼくの少年時代は自分の子供部屋をお化け屋敷にして遊んだり、空間を演出して1人遊びをしていました。甥っ子がいるのですが、実はディズニーランドに行く予定がコロナの影響でパークに行けなくなってしまったんですよね。その事がきっかけで、ぼくがやるしかない!と思い、なんとかおうちでも楽しめるディズニー空間が出来ないかなと思いながら作りました。」

 

まるカリ「愛がありますね…。さぞ喜ばれたと思います。三永さんの動画は言葉がなくても楽しめるストーリー性のあるコンセプチュアルな動画が多くて、本当に魅せられます。すぐに創れるものじゃないと思いつつ、続きが見たくなってしまうのです」

 

三永「ありがとうございます!簡単に作れる動画ではなくて、愛情込めて時間もかけてます。」

 

まるカリ「音響にも層があって凄く拘りを感じます。特にいつもイヤホンで聞いているからなのかもしれないですが…。」

 

三永「気づいていただけると嬉しいです、是非イヤホンで聞いてもらえると、アトラクションの没入感がより得られるかと思います。」

 

ーアトラクションを選ぶポイントは?

 

三永「そうですね。最初はシンドバッドセブンヴォヤッジにしよう!と思ってそこからはランドとシー交互に選んでやってました。ぼく個人で言うと、ディズニーシーの奥行きのある世界観が好きですね、男心をくすぐるというか、ミステリアスアイランドとかロストリバーデルタとか、海底2万マイルとか好きですね。」

 

まるカリ「私も見てみたいアトラクションいっぱいあります!」

 

三永「ディズニーファンのYoutuberさんはイベントや、新アトラクションや、新メニューとか、豆知識とか含め解説が本当に上手じゃないですか、だから僕はクリエイティブで、ディズニーの夢や魔法や楽しさが伝わればいいなと思っています。InstagramのDMで、今までディズニーランドに行った事ない人が行くきっかけになったというメッセージを頂いて凄く嬉しかったのを覚えています!」

 

ーおうちディズニーはどうやって作っているんですか?

 

三永「まずどういう風に仕上げるかの構成の部分に時間をかけますね。アトラクションのライドを何で創ると面白いのか、身の回りにある、テレビや間接照明をどう使ったら面白いか?それを考えてまずは付箋に沢山アイディアを出していきます。これが後にカット割りみたいにもなっていくんですけど。

まるカリ「確かに、ソアリンでお風呂を滝に見立てたり、凄い秀逸ですよね。それでいてシュール。どこを切り取るかと、どこまで分かるようにするかのセンスが凄いです」

 

三永「ありがとうございます。作って、撮影して、録音して、編集して、1週間位は平気でかかりますが没頭してしまう事もあって休みながらやらないとなと思ってます。」

 

まるカリ「アトラクションの中でもここや!!ってポイントを抑えてて笑えるんですよね。共感をとても大事にしているし、何回か動画を見ると…え?こんな細部まで実は拘ってたの?っていう発見があって、本家のディズニースピリッツを感じます。」

 

三永「ディズニーの本家には敵うとは思いません!ただ、ある一部は細部に拘って創るとか、アイディアの部分でどうみせようかは拘り抜いています。実は隠れミッキーもいるんですよ」

 

まるカリ「私、見つけましたよ!!鳥肌立ちましたもん!」

 

三永「コメント欄とかでもたまに頂きますね。いくつか仕込んでいるので是非探してみてください!」

 

まるカリ「おうちにあるものっていうのがまた親近感わくんですよね!!トイレットペーパーの芯とか!!(笑)」

ソアリンの動画▼ ※是非冒頭のアイディアメモにも注目してください。

ー撮影するときの一番の拘りは何ですか?

 

三永「そうですね、撮影時に気にしているのは奥行きです。立体感もそうですね。なので、照明には特に拘っていて、ライティングでレイヤーをかけているんです。」

 

まるカリ「え?編集でレイヤーをかけるんですか?」

 

三永「いえ、現場の照明で創るんです。例えばスターツアーズで言うと、廊下から部屋までフルに使って、宇宙に飛び立つ感じを出したくて。100均で購入したライトを、壁やカーテンなど色んなカラーで仕込む事でレイヤーが出来るんです。」

 

まるカリ「これって、本当のアトラクションのQライン(待機列)とかもそうですよね。下から、横から、上から、色んな角度でライティングが入っている事で世界観がグっと出るんですよとくに、三永さんの作品の中でもスターツアーズは秀逸です!」

 

スターツアーズの動画▼ ※是非、イヤホンでお楽しみ下さい。

ー今後のビジョンを教えて下さい

 

三永「海外のクリエイティブの世界に進出したいと思っています!演技もだし、創り手としてユーモアあるクリエイターとみんなに思ってもらいたいなと。いつか、世界のクリエイターとして活躍出来ていたらいいなと思います。」

 

今から凄く楽しみです。今後のご活躍を応援しております。
インタビューにお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

https://www.youtube.com/channel/UCpUfG3xF4Ie3ocALyAaaTKA

 

三永武明
TikTok: @takeaki_mitsunaga
Instagram( @takeaki_mitsunaga )

SNACKS Instagram( @snacks.jp ):https://www.instagram.com/snacks.jp

Twitter( @snacks_video ):https://twitter.com/snacks_video