ギルドプロジェクト初のイベント“Art Fun Fes”を開催致しました。

2021年6月21日(月)に行われたアート×笑いのイベント Art Fun Fesの開催報告です。
「メディア」編集部

開催報告とお礼

 

2021年6月21日(月)21時~23時

ギルドプロジェクト初のイベント

アート×笑いの祭典

Art Fun Fesを開催致しました。

「ART × 笑いでTwitterタイムラインにハッピーな魔法をかけよう!」というテーマでスタートしてきました。

YouTubeLIVE配信とTwitterのタイムラインを使った無料のオンラインイベント

YouTubeLIVEの視聴者や、Twitterのアート大喜利の参加者の皆様が、全力で盛り上げながら、楽しんで参加して頂いたおかげで、一体感のある良いイベントをつくれました。

 

イベントのアーカイブはこちら

 

今回は想いに賛同してくれた仲間が集まり、ギルドチームを創ってプロジェクトを創り上げてきました。

 

※ギルドプロジェクトって何?
プロジェクトの内容に共感し立ち上がったメンバーがイベントを行ったり、
お互いにスキルを出し合って仕事案件に取り組んだり、
スペシャリスト集団のチームで新サービスを立ち上げたり、
その時々のチームで力を出し合い、みんなでつくってみんなで達成するプロジェクト
 

LIVEの出演者だけではなく、

YouTubeの配信を裏方で支えてくれた方、

アートを配信する場所を提供してくれた方々、

配信を盛り上げる為にスナックを開いてくれた方々

このイベントに関わって下さった全ての皆様、本当にありがとうございました!

初めてのイベントで至らないところばかりでした。改善も踏まえ、次回さらに喜んで頂けるイベントをまた作りたいと思います。

まずはここに、厚く御礼申し上げます。

 

開催に至るまでの経緯

開催への想い

昨今、色々と制限が多い中で、飲食店での飲み会や、楽しいイベントが自粛になっているのではないかと思います。
新入社員や新年度を迎えた社会人、新学期に入った学生も含め、なんとなく少し暗いムードになっているのではないか?

そんなとき、ふと自分が社会人なり立ての時を思い出しました。

自分自身も社会人1年目から地方に出て独りぼっちで猛烈に不安だった時があります。

それでも当時は、歓迎会があったり、仕事でミスしたとき先輩が「まぁ飲みに行くか」と言って誘ってくれたり、友達と遊んだり、オフラインのコミュニケーションをとれたので、寂しい気持ちも日に日に薄らいでいきましたが、今は密なコミュニケーションが難しかったりもします。

制限がある中で、一人でも多く笑顔になってほしい、少しでも元気な気持ちになって欲しいという想いで今回の企画を考えました。

 

なぜアート×笑い?

シンプルに私がアートとお笑いが好きだからです。

人生の中で一番きつかった時、アートに勇気づけられました。
それが、今回の特別ゲストであるSHOGENさんのアートです。

30歳の誕生日に、SHOGENさんに絵を描いてもらいました。
SHOGENさんのアートは「今の普通は当たり前じゃない。」とか「生きてるだけで素晴らしい」そう感じさせてくれる力強さがあります。
事業で失敗して仕事がなくなった時も、事業の立ち上げで死にそうになった時も絵を見ると、ここで終わったらダメだと奮い立ちます。

そして、しんどい時、もういやだ、逃げたい!ってなった時、一度お笑いを見てリフレッシュすると前向きな気持ちになれるんです。
ネガティブモードに入ると思考が停止してしまいがちなのですが、笑うと大概の事は、どうとでもなるような気がしてきます。
前向きな気持ちで仕事に取り組むとまた頑張れます。

 

私にとってアートは力、笑いは救いです。

「私自身の力は小さいけれど、アートと笑いでみんなが明るくなれるイベントをつくってみたい」

という理由で、アート×笑いのイベント#Art Fun Fesが生まれました。

 

Art Fun Fesイベント

企画1:Art de OGIRI (前半)

Twitterのタイムライン上に現れるアートな大喜利にセンス良く回答していくという企画です。
YouTubeLive配信では、面白い回答をPick Upしながら、審査員が読み上げていき、そこから審査員賞と、最優秀賞を決めていくというような内容でした。

僅か1時間で200以上の回答を頂きました!!

今回はアートを使った大喜利です。

【お題】
オンライン会議に2時間遅刻してきたのにこんな顔。何て言った?

最優秀賞と、審査員賞を獲得した回答はこちら▼ LPに掲載されております

そのほかの面白回答も順次LPに公開していきます。▼こちらをクリック

大喜利参加者の皆さんの力を沢山お借りしました。
僭越ながら、審査員をさせて頂きましたが、どの回答も素晴らしかったです。
やっぱりお笑いって素晴らしいって再確認して、私自身がハッピーを頂きました。

Twitterのタイムラインを見てくれた方が「元気出ました~」とか「面白かったです~」とか「次回はいつですか?」などとコメントも頂きやってよかったなと、みんなで胸をなでおろしました。

みんなの感想

企画2:LIVE de PAINT (後半)

後半戦は、アフリカンペイントアーティストSHOGENさんによるライブペイントでした。

 

「生きるのって、楽しい!」を伝えるアフリカンペイントアーティストSHOGENインタビュー

下書きをすると絵の鮮度が落ちてしまう為、いつも、絵を描くときは、ぶっつけ本番の1回勝負なんだそうです。

今回のArt Fun Fesのイベントからインスピレーションを受けて、絵を描いて頂きました。

「今の世の中、暗いのでそこから光を見つけていくというようなテーマです、真っ黒いキャンバスは一見暗いかと思いますが、より光を感じやすいです。」

まさに今回の想いとシンクロする素敵な作品を描き下ろして頂きました。
キャンパスの横が黄色いのはもともと描いていた絵が何か違うかなということで、書き直ししたんだそうです。
実はアフリカではこのキャンバスを手に入れるのもすごく大変だそうで、木枠から作るので片道何時間もかけて会いに生き依頼をかけて、また出来上がったら取りに行くみたいなスタイルで絵を描くキャンバスを手に入れていたのだとか…(なのにサイズが違ったりなかなかに大変だそうです。何でも手に入る世の中だと気づかないありがたみです)

真剣な様子で筆をとるSHOGENさんですが、アフリカのエピソードトークや、審査員からの質問にも回答しながらアートをしていました。
SHOGENさんのエピソードトークにYouTubeのコメント欄が感動のコメントで盛り上がっていました。

「虫の声が音に聞こえるのは日本人とポリネシア人だけ。」

「子供が流れ星を取りに行く話」

「アフリカで一番衝撃だった出来事とは?」

「3歳の女の子に教わった生きていくうえで大切な事」

このほかにも沢山のエピソードが飛び出しました。

気になる方は、後半の様子を是非、YouTubeでご覧ください。

他にもアートの最中の写真などサイトに掲載しております▼

そして完成した絵がこちらです。

タイトルは「#希望しかない」です。

これからの世の中希望しかない。

SHOGEN「前向きな言葉で自分の背中も、人の背中も押していきましょう。」

今回はLIVE配信でしたが、原画はペンキの発色も全然違うので、生のアートを見たい!という方は、是非SHOGENさんの個展に足をお運びください。

 

SHOGEN情報

SHOGEN個展【IdentitY~アイデンティティ】

期間→2021年6月23日(水)から2021年8月22日(日)まで

 会場【BrainBrunnGALLERY】
〒192-0063
東京都八王子市元横山町3-1-1

SHOGEN Twitter
SHOGEN Instageram
SHOGEN Facebook
SHOGEN 公式HP
SHOGEN STORE

 

みんなの感想

(掲載しきれないので抜粋しました)

 

Special Thanksアート会場としてご協力頂いたゲストハウス品川宿さんの様子

今回のアートLIVE配信のスペース提供して頂きました。撮影の為に特別に時間外協力して頂きました。
ありがとうございます。

 

品川宿スタッフゴメスさん(左上) アーティストSHOGENさん(右上) 品川宿スタッフペキンさん(左下) 番組Dのじゅりちゃん(右下)

現在改装中のお部屋を貸して頂きました。

東海道沿いにひっそりと佇むゲストハウスです。
こちらのゲストハウスは品川に近い事もあり、以前は外国からの観光客で賑わっていました。
地域に根付いていて、お祭りや地域の催しのお手伝いなどもよくやられているそうです。

最近では海外からの日本への旅行客も減り、なかなか集客に苦しんでいました。
そんなときも、海外からの帰国した方の一時受け入れや、お迎えなど、いつも与える精神にあふれるゲストハウスです。

スタッフも明るくて、親切です。困りごとがあれば相談しやすいです。
そのうえ、堅苦しくないので、実家に帰ってきたような安心感です。

最近ではフリーランスや、リモートワークをされている方向けに、フリースペースの貸し出しをスタートしました。
5時間で1500円だったところを、(既に激安)9時間で1,500円に!

家ではなかなか仕事が捗らないという人は是非使ってみてはいかがでしょうか?
私も使用しましたが、個室なのでオンライン会議も安心ですよ!

 

ゲストハウス品川宿情報

ご予約はこちらからもできます▼
https://bp-shinagawashuku.com/jp/

★場所
京急北品川駅から徒歩3分
〒140-0001 東京都品川区北品川1丁目22−16

★金額
フリースペース9時間1,500円/ご宿泊4,200円~

★設備など
無料Wifi完備/シャワートイレ共同/コンビニまで徒歩1分

★お問い合わせはこちらから
受付時間/午前8時~午後9時
TEL.03-6712-9440(担当:長谷川)

Special Thanks この日限りのコラボレーションスナックが開催

今回特別サポーターとして、イベントの裏で、オンライン飲み会を開催してくださったママやチーママの皆さんです。
当日はオンラインで飲みながら。YouTubeのLive配信も盛り上げてくださいました。

交流もあり、新しく#Art Fun Fes を通して仲間が出来た方もいたみたいです。

スナックを主催してくださった、ママさん達のご紹介

ともみんさん

(スナックとっとこママ)

明るく笑顔でみんなを迎えてくれるママ。一見さんでもウェルカム。そこで繋がる温かい空気感が売りです。
集まる方も素敵な方ばかり。

 

ボッチ社長さん

(ボッチ会代表)

飲み会で一人ボッチになりがちな人も、みんなが楽しめる会をコンセプトに、ボッチ会には40名以上参加するときも!
毎回素敵な出会いを運びます。1人ボッチになりやすい人にもおすすめです。

 

きんぐさん

(まるカリスナックチーママ)

まるカリ主催のオンラインスナックの番頭さんです。
ママが酔いつぶれても、店を閉めてくれます。いつも気配り心配りしながら、みんなに優しいチーママです。

 

みさきママさん

(恵比スナ昼 ママ)

昼、そしてオフラインという背徳感が売りのスナック。※会員限定でご紹介のみ
ママはパクチーのような存在で、一度はまるとクセになり、その存在なしでは物足りなくなってしまう魅力があります。

 

木村公洋さん

(恵比スナ昼 チーパパ)

元放送作家としてテレビ・ラジオの現場で働いていたが今は、福岡にてPRのアドバイザーの仕事をしつつ、みさきママのスナックをお手伝い。
チーパパファンも多数。

 

皆さん本当にありがとうございました。それぞれのオンラインスナックの情報が欲しい方は各自DMにて受け付けております。

 

YouTubeLIVE配信を盛り上げてくれたメンバー

イベント当日まで、台本の読み合わせや、進行の確認、リハーサルにお付き合い頂き、
ばったばたの中でも、「大丈夫、楽しもう!」「頑張れ!」と最後まで支えてくれたました。

私からの急なお誘いにも関わらず、快く賛同し、創り手として参加してくれました!
みんながそれぞれの役割を果たしながら、イベントを最大限盛り上げて頂きました。

YouTubeLIVE配信に出演してくださった方のご紹介

 

サイダスのあさみさん(総合MC)

今回急遽ピンチヒッターとしてお声がけさせて頂きました。
なんと4日前に依頼した(というか泣きついた)のですが、快くOKしてくれました。

「まるカリ大変、助ける。」

そんな男前で頼りになる女性です。
イベントの進行もスムーズに時間通りに終わりました。

普段は、CYDASという会社で
ブランド戦略部のボス(執行役員)をしています。
社員の働きがいを支援するクラウドサービスを提供。
サービスも勿論ですが、こんな素敵な女性上司が働くオフィスどうですか?

公式CYDAS HP

 

 

ユキックスさん(メインビジュアル担当)

シナカフェというコミュニティーでの繋がりもあり、共通のイラストレーターの友人もいることで接点が出来ました。
私の中ではオレンジのカリスマです。初対面ではふんわりとした印象を持ちましたが、仕事に対する熱さは半端ないです。
コロナでまだ直接はお会いする機会がないのですが、今回メインビジュアルのデザインを担当して頂きました。

Art Fun Fesのメインビジュアル

Art Fun Fesの当日は沢山の人がTwitterの壁紙をユキックスさんのアートでジャックして、皆で大喜利やライブペイントを楽しみました。
主催の想いをくみ取って、イメージ以上の仕上がりにしてくださいました。最高です!!

ユキックスさんへのお仕事のご依頼はこちら▼
https://www.milkitdesign.jp/

フリーランスで子育てしながら、ご自身でデザイン事務所を営むスーパークリエイター
いつも深夜3時くらいにメッセージをやり取りさせて頂いてましたが本当にパワフルな方です。

 

せら課長さん(広報課長)

Twitterのお祭りと言えば、この方!
最高で1,389人が参加、Twitterトレンドランキング3部門でTOP5入りを果たす盛り上がりを見せた、お祭り企画 “課長まつり”の主催者です。

今回は、せら課長に、想いを伝えると「お~時間ないけど、よっしゃいっちょやりますか!」とすぐに動いてくれました。
応援部隊を集めたり、当日も一緒に審査員席を盛り上げてくれました。

事業の立ち上げなどでキャパオーバーしていたにも関わらず、しっかり背中を押して頂きました。(言行一致が大事ですね!)
巻き込みリーダーのおかげで、沢山の人が、LIVEを視聴しながら、大喜利やライブペイントを楽しんでくれました。

リアルなせら課長は、クールに見えて熱く真っすぐで、繊細で人間らしい人です。

最近せら課長がVoicyを初めて毎日UPしているので、Twitterで悩んでいる、今のままで良いのかな?と漠然と不安を抱えている、そんな人は是非聞いてみて下さい。
元気が出ます。▼

https://voicy.jp/channel/1914/155499

 

YouTubeLIVE配信の番組を回してくださった方のご紹介

じゅりちゃん(番組ディレクター)

今回配信を最後まで無事終えれたのはじゅりちゃんのおかげです。
LIVE中テロップだし、タイムキーパー、コメントだしなど、一人で番組を回してくれました。

じゅりちゃんは、元々、テレビのバラエティー番組の制作ディレクターをやっていました。
ハリウッドでの留学経験もあり、映画を自主制作した経験もあります。

動画制作のコンサルティングや講座も行っているのでご興味ある方は是非▼
https://rim.guildproject.com/lp/douga/

現在2児の母であり、オンラインでアメリカの大学に通いながら、私と一緒にメディア集客スペシャリスト講座の講師もしています。
例えるならマグロです。止まったら死んでしまうのかもしれません。
アクティブで、クールで、いつも力を貸してくれます。

 

皆様本当にお疲れ様でした。

そしてありがとうございました!
是非第二回目も懲りずにお付き合い頂ければと思います。

今回バックステージで応援してくれていたまーたんも是非次回こそ!!