新米取材ライターに送る、取材に行く前に必ずやること

取材ライターが取材前にするべき事をご紹介したいと思います。 まずは基本の事前準備をしっかりおさえましょう。
「メディア」編集部

今回は、取材に行くライターさんに向けて、取材前にするべき事をご紹介したいと思います。

私自身も取材ライターをしていますが、右も左も分からないところから少しずつ学んで成長してきました。

取材については色んなパターンがありますが基本をまずはおさえましょう。

 

 

取材前に必ずやること

取材先への連絡(1か月以上前が好ましい)

 

確認しておくべき事柄は以下です。

・いつ取材可能なのか?
・誰が取材に応じるのか?
・どこで取材するのか?
・素材(写真や動画やロゴなど)は使えるのか?

 

こちらからは、以下の情報を送っておくとよいでしょう。

・自己紹介と掲載媒体についての説明
・掲載予定日
・企画や、掲載イメージ(想定している質問など)
・担当者連絡先
・謝礼の有無

 

 

取材先の情報を調べる

 

予め調べておくべき最低限の情報

 

(法人の場合)

・会社の規模感(従業員や資本金)
・会社の理念
・代表のプロフィール
・最新のトピックス
・何に今力をいれているのか?
・課題は?
・自社メディアや広報、広告に力を入れているかどうか?

 

(個人の場合)

・Facebookページや、TwitterなどSNSの確認
・年齢、出身地
・経歴
・書籍あれば
・過去のインタビュー記事があれば
・好きなモノや、価値観

何か自分との共通点を探しておくと良いと思います。

 

記事の着地をおおよそ決めておく。

 

まずは、インタビューの目的の確認をします。

それに合わせて質問したい項目をリストアップしておきます。

 

質問項目で、抑えておくポイント!

 

・聞きたい事を予めインタビュイーに伝えておく。

いきなりの質問にすぐに答えられない人もいます。

予め、「こんな質問をしようと思っています」と大枠だけでも相手に伝えておくと、準備してきてくれるのと、相手もリラックスして、取材を受けれます。

 

・取材でしか聞けない深堀りをする。

まずは、絶対に聞きたい事をリストアップしていきます。

そのQに対して3つか4つ深堀していくと、質問に展開が生まれて面白い話が聞けます。

あまり深く考えずに相手に興味を持っていれば、自然と知りたくなることをどんどん聞いていきます。

 

ケース1:先に用意しておく

 

例:

「所持金1円からどうやって1億円を生み出す経営者になったのか?」

どうして1円しかなかったのか?

いつどんな転機が訪れたのか?

何を頑張ったのか?

どうして、最終的な結果を得れたのか?

1億稼ぐまでに一番大変だったことは?

1円から1億稼ぐまでどれくらい時間がかかったのか?

このように質問を予め準備しておいて、状況に応じて聞く事も出来ます。

 

ケース2:聞きながら会話で引き出す。

 

例:

Q「どうして所持金1円から1億円を生み出す経営者になったのですか?」

A「●●をやったからです。」

Q「どうしてそれをやろうと思ったのですか?」

A「こういうきっかけがあったからです。」

Q「そのきっかけから、どれくら努力して今の地位にたどり着いたんですか?」

 

引き出す時は、どうして?(理由)どれくらい?(定量)どのように?(方法)と聞いていくと良いと思います。

 

具体的な数字を沢山引き出す事も大事です。

Q「どれくらい努力したんですか?」

A「3年間一日3時間睡眠でした。」

A「一日50本は記事を書きました。」

A「1か月3万円で生活し、他は全て貯金しました。」

 

数字があると、読者がイメージしやすくなります。

 

・事前に相手の情報を下調べはするものの、事前情報のない読者が知りたい事はインタビューで抑えておく必要があります。

何も知らない人が読んだ時に、興味を持つかどうかの観点を意識すると良いかと思います。

 

 

質問の内容を考え、ゴールをイメージしてから取材しましょう。

 

 

お礼メールの下書き

取材後すぐに連絡できるように、
予め下書きを準備しておき、一言添えてメールを送ると良いと思います。

<内容>

・取材のお礼
・掲載予定日
・今日の感想(ここだけ当日記載)
・担当者連絡先
・掲載媒体URL

 

準備物

・カメラ(スマホで代用可能)
・レコーダー(スマホで代用可能)
・質問項目がまとまったメモ
・PC

 

 

まとめ

 

取材先に予め連絡する

 

取材先を調べておく

 

記事のゴール決めて質問項目を準備しておく。