メディアをデザインする その1

こんにちは、いきなりタイトルで驚かれた方も多いのではないでしょうか、メディアをデザインするとは? 一体何の事でしょうか?   今日はその概要だけ、捉えて頂ければと思います。 シリーズで続けていくのでお楽しみに。

「メディア」編集部

こんにちは、いきなりタイトルで驚かれた方も多いのではないでしょうか、メディアをデザインするとは?

一体何の事でしょうか?

 

今日はその概要だけ、捉えて頂ければと思います。

シリーズで続けていくのでお楽しみに。

 

デザインの定義

デザインとは具体的な問題を解き明かすために思考や、概念の組み立てであり、それを様々な媒体に応じて表現することとされます。

デザインとは表現という考え方ですが、よく引用される定義を2つご紹介します。

 

Design is a specification of an object, manifested by an agent, intended to accomplish goals, in a particular environment, using a set of primitive components, satisfying a set of requirements, subject to constraints.

デザインとは、特定の環境下かつ様々な制約の中で、目的を達成するために、未完成の要素を組み合わせて、要求を満たすような仕様を明示すること。

Ralph.P and Wand.Y (2009)

 

 

Design is a roadmap or a strategic approach for someone to achieve a unique expectation. It defines the specifications, plans, parameters, costs, activities, processes and how and what to do within legal, political, social, environmental, safety and economic constraints in achieving that objective.

デザインは、ユニークな期待に答えるためのロードマップまたは戦略的アプローチです。その目的を達成するために、法的、政治的、社会的、環境的な安全/経済制約の中で何をどのようにするべきか、また、仕様や計画、パラメーター、コスト、活動、プロセスを定義します。

Don Kumaragamage.Y (2011)

つまり、与えられた環境の中で、目標を達成するためのものということです。

 

メディアデザインとは、

メディアを通じて、あなたが達成したい目標をかなえるためのプロセスです。

もう少し具体的に言うと、

見込みユーザーや、潜在顧客に対して、どのようにアプローチし、どの媒体で価値を感じてもらい、

その中で興味を持ったユーザー(顧客)が成約するかの流れを考えて設計します。

 

 

 

例えば、エステのサービスをメディアを通じて新規顧客に売りたいとします。

エステの新規顧客を毎月30名獲得という目標を掲げます。

その為のプロセスがメディアデザインです。

 

まずはイメージして、描いてみる事です。

思いつく施策を書きだしてみます。

・クーポンを出してみる

・インスタグラムでエステのビフォーアフターの写真を出してみる

・ブログで効果的なセルフエステについての記事を書いてみる

・Twitterで拡散する

・無料イベントを行う

・無料モニターの口コミ

どの順番でユーザーに届くのか考えてみます。

 

 

デザインに関しは間違えていても構いません。

むしろ最初から正解のデザインなど出てきません。

 

描いたら試す。

効果があるかを測定します。

 

もう一つメディアデザインのポイントは効果測定です。

 

効果をしっかり計測できるように整えましょう。

 

仮に流れを汲んだ時に、どれくらい成約したのか、またどれくらいが誘致したいメディアに来たのかどうかを計測していなければ次への改善が出来ません。

 

まとめ

メディアデザインとは、目標を達成するためのもの。

メディアを俯瞰で見た時の設計図があり、ユーザーに情報が届くまでの流れと、価値を感じてもらうまでの流れが分かるもの。

メディア単体を嘗め回すのではなく、俯瞰で見る事で目標達成に向けて大きく前進します!