オンラインゲームは最高のコミュニケーションツール!

オンラインゲームというと、ただのゲームだと思う方もいらっしゃると思います。しかし、顔が見えないからこそ、手軽にコミュニケーションを取る方が多くあります。 これは仕事にも応用できるものなので、今回はその手軽なコミュニケーション方法について取り上げていきます!
「カワリニ」編集部

フリーランスでゲーム開発をしている、エルです。

最近今流行っているゲームは全部経験しておこうとインストールして遊んでいます。
やはりどのオンラインゲームにもボイスチャットをしていなくても、コミュニケーションが取れる機能がいくつかあると気づきました。

今回はそんなオンラインゲームで使われている機能が、実は仕事にも応用できるのではないか?という観点で書いていきたいと思います。

 

手軽なラジオチャット

まずはよくあるラジオチャットです。これは設定された定型文を、ボタンを押すだけでチームメンバーや周りに人に送る事が出来る機能なのです。
オンラインゲームでは、リアルタイムに戦況が変化していくため、端的に状況を伝えていく必要があります。そんな時にラジオチャットを使う事で、全員が共通して認識している定型文を送ることが出来、意思疎通を取る意味合いが強いです。

これを仕事に置き換えた時、チャットツールでのスタンプ機能が相当すると思っています。
職場でのチャットツールというと、Slackやチャットワークが良く疲れている印象です。それらのツールだと投稿内容に対して付けることが出来る絵文字が似た機能をしていると感じています。

何か自分がアクションをした際、反応が無いと孤独感を感じることがあるかと思います。そんな時に絵文字やスタンプなどがあると、返事が無かったとしても、見てくれた!と分かるため次に取り掛かる仕事の励みになることが多いです。

 

目標を知らせるピン

ピンというのは、設定することで目標だったり相手の位置を伝えたりでき、マップを見た時に表示されている状態になるため、行動する際の目標を共有することが出来ます。
プレイヤーの行動というのは、他の人から見た時にどう動くのか?正直分からない部分があります。そのため、次はこっちに行きたい!と希望や提案を出したりすることで、全体の共通認識を合わせることが出来るようになっています。

仕事に置いては、勝手に行動されては困るケースは多々あるはずです。
毎朝MTGがあり今日やることを報告する。というのも最近よく聞くようになってきましたが、そういうコミュニケーションが無い場合は、今何をやってるんだろう?と疑問が出ることがあるかもしれません。

そんな時ピンを立てるように行動の共有・次の提案をすることで、周りとのコミュニケーションを取ることが出来、安心させることに繋がります。

 

手打ちのチャット・ボイスチャット

やはりこれが一番伝わります。
手軽に出来るコミュニケーションでは伝えきれないような詳細な情報というのは、直接話す・詳細に書き込むことで、伝えましょう。

勿論相手の時間を奪う行為でもあるため、最低限のやるべきことをやった後にやるのが良いです。簡潔に伝えられるように、準備をすることで最短時間で自分の意志を伝えることが出来るでしょう。

ボイスチャットでは文字での表現とは違い、語彙力も試されることになるため、普段から本などを読み語彙力を高めることで、状況に応じた表現が出来るようになります。

ゲーム中でも、仕事中でもそうですが、時間というものは限られています。より生産的な時間にするためにも、可能な限り伝わりやすい表現を使用することで、ストレスフリーなコミュニケーションを取ることが出来ます。

 

遊びながらも共通点を見つけると面白い

今回はゲームでのコミュニケーションについて取り上げてみました!

コミュニケーションが取りやすい職場というのは、ちょっとした提案・気づきを話しやすくなるため、意見が出やすい状態になると感じています。今回紹介したスタンプ機能や、絵文字の機能を使い発言しやすい環境を作った上で、実際に会話したとき意見が出やすい環境を作ってみてはいかがでしょうか?

 

ギルドプロジェクトでは、現場で使用しているツールに代替するツールの提案やSaaSの導入、使用環境の社員教育、決裁者への意思決定の手助けなどの業務効率化を代行する「カワリニ」というサービス展開しております。
問い合わせは何回でも無料で対応させていただいております。
外注に依頼しようと思っていたが、小さい規模のため迷っていた場合など、お気軽にご相談ください。

カワリニに相談する