Googleドライブを活用して、端末の容量を空けよう

最近だとデータを保存する際に、スマホ端末に保存するだけでは容量が足りないという方も多いはずです。 そんな時にSDカードで容量を増やすのも良いのですが、オンラインストレージを使う事をオススメします。 そこで今回は、手軽に使う事が出来る「Googleドライブ」について説明していきたいと思います。
「カワリニ」編集部

端末に依存しない

Googleドライブの大きい利点として、端末に依存しない点が挙げられます。

携帯端末であればアプリを入れる必要がありますが、基本的にGoogleドライブはブラウザ上からアクセスが出来ます。
そのためインターネットに繋がっていれば、スマホ・タブレット・パソコンのそれぞれの端末から、同じデータを見ることが出来ますし、データのやり取りをすることが出来ます。

そのためスマホ間でもSDカードに入れてから指し直して…と対応する必要がある場合も、Googleドライブに入れてやり取りした方が簡潔に済む場合があります。

また相手と共有する場合でも、Googleドライブに置いたファイルのURLを相手に送るだけで共有が可能になります。
今渡したい場合ではないときも、有効期限が無い状態で相手と共有出来るため、相手のタイミングでデータを見ることが出来ます。

 

無料で15BG使える

Googleドライブを使う際には、Googleアカウントを作成する必要がありますが、アカウントは無料で作成出来ます。
そして作成した時に容量が15GB付いてきます。

この容量には、Gmailに添付されていたファイルの容量も計算されます。

しかしスマホで撮る写真は、1枚1MB~1.5MB程なため、よほど頻繁にやり取りをしない限り使い切るということはないでしょう。

もし使い切ってしまった場合でも、有料プランも容易されています。100GBの容量にした場合でも年額2500円と、安価に使えるため仕事で使用する際にも安心です。

 

端末の容量が大きくなくても良くなる

スマホやノートPCといった端末だと、購入する際に内部メモリだったりHDD・SSDの容量を気にして買う方も多いと思います。

容量が多いとアプリを多く入れられたり、メモや資料などを端末に多く残せたりして便利ですが、写真や動画等が圧迫してくることは多いのではないでしょうか?
そんな時にオンラインストレージである、Googleドライブにデータを移す事で端末の容量を空けることが出来、より頻繁に使うアプリ等をスマホに入れることが出来るようになってきます。

消したくはないが、たまにしか見ないのでどうしよう。と思っているデータがあるならば、一先ずドライブに移動してしまった方がスッキリすることが多いです。

 

エクセル・ワード・PDFファイル等も見れる

地味に大きい利点として、エクセルやワード・PDFファイルGoogleドライブに入れるだけで中身を見ることが出来ます

よく貰ったファイルがエクセルのファイルだったが、エクセル持ってないので見れない!ということがあったりしますが、見るだけであればGoogleドライブに入れることで中身を見ることが出来ます。

アプリやフリーソフトを入れることで見ることが出来ますが、その時間が無かったり、すぐ見たい!という場面だと、Googleドライブに入れてみるのが手っ取り早く確認できるため便利です。

 

最終的にドライブに入れて全員で共有したい

いくつか利点を書いていきましたが、最初からドライブに入れて共有していれば、端末にデータがあるのか?ドライブにデータがあるのか?を考えなくて良くなります。

データは全てドライブに入れてしまって、データを入れているフォルダを共有することで、ファイルの名前を教えるだけで全員が見ることが出来るため非常に便利です。
共有ドライブに名前を付けて作成することも出来るのですが、Gsuiteという有料サービスを契約する必要が出てくるため、またの機会に解説しようと思います。

手軽にデータを共有したい!
端末の容量がいつもパンパン!

と困っていた方がいましたら、一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ギルドプロジェクトでは、現場で使用しているツールに代替するツールの提案やSaaSの導入、決裁者への意思決定の手助けなどの業務効率化を代行する「カワリニ」というサービス展開しております。
問い合わせは何回でも無料で対応させていただいております。
社内SEを雇うと月額のコストが多くかかってくるが、リモートの形で安価に外注したかった等ありましたら、お気軽にご相談ください。

カワリニに相談する