SlackとChatwork。どちらが良いか?

今はチャットツールというと、よく仕事で使われるものとしては「Slack」と「Chatwork」があります。 今回
「カワリニ」編集部

なぜSlackとChatworkが選ばれるのか?

なぜSlackとChatworkが選ばれる事が多いのか?というと、メッセージに対するリンクを取れることが挙げられます。

Skypeの場合はメッセージに対するリンクが貼れなかったため、以前のログだったり、他の部屋・チャンネルで投稿されたメッセージを共有しようした際に、毎回コピペをすることで共有する必要がありました。
コピペだと範囲の指定を間違う場合があり、オリジナルの文章と違う形で伝えてしまう事があり得ました。

その点メッセージのリンクを取ることが出来ると、リンクから飛ぶ人が飛ぶ先のアクセス権限があることが前提とはなりますが、オリジナルの文章を見ることが出来ます。
特に仕事での用途になると、以前に伝えた内容を再周知したい際などに便利で、書き直す必要もコピペする必要も無くなります。

仕事では確実に情報を伝えることが重要なため、リンクで伝えることが出来るSlackかChatworkが選ばれ、普及していると思われます。

それでは次に、それぞれの利点を取り上げていきます。

 

Slackの利点

スレッド化

Slackの最大の特徴として、スレッド化があります。

誰かが投稿した内容に対して返信すると、その投稿のスレッドとしてまとめられます。
これのおかげで毎回引用する必要がなく、スレッドを開くだけで返信した投稿が見れるため、ログが流れる事を気にする必要が無くなります。

絵文字を追加できる

メッセージに絵文字を入れたり、メッセージに対してリアクションとしてスタンプのように絵文字を付ける事が出来るのですが、その絵文字を追加することが出来ます。

デフォルトでも多くの絵文字が用意されていますが、自作したアイコンを追加することが出来るため、仕事に関係する絵文字を追加出来ます。
その絵文字に関しては、ワークスペースに追加されている人であれば誰でも追加することが出来、ワークスペースの中にあるチャンネルやダイレクトメッセージで使用することが出来ます。

オリジナルの絵文字を追加することで、メッセージに対する反応が増えることもあり、それを起点にコミュニケーションが生まれることで、話すきっかけが生まれたりします。

 

 

Chatworkの利点

メッセージをタスク化出来る

Charworkの最大の利点として、メッセージをタスク化出来る機能があります。

相手からお願いされたことや、自分だけが見れるマイッチャットの中で備忘録をメッセージで書いた事を、そのメッセージの内容を引用する形でタスク化をすることが可能です。
タスク化されたものは、タスク化された旨がそのチャットに投稿されるため、全体のチャットでタスク化を共有することが出来、タスク化後はチャットの概要欄の下に追加されていくため管理も容易となっています。
また、完了した際もチャットに自動で投稿されるので、ブラウザまたはアプリ内でタスクを一元管理することが可能になります。

しかし未完了のものが全てタスクの部分に追加されていくため、すぐに終わらないタスクを多く追加してしまうと、自分のタスクがどこに表示されているのかが分かりづらくなってしまうため、直近で終わらせることが出来るタスクを周知も兼ねてタスク化する使い方が良さそうです。

ビデオ通話が出来る

グループチャットの場合、用意されているボタンを押して相手を選択するだけで、ビデオ通話が可能になります。

もちろん音声だけの通話も可能なため、仕事で話した方が早いと思った際に、Zoomのようなビデオ会議ツールを使用せずともChatwork内で完結させることが出来ます。
仕事ではスピードが大事になる場面が多く、気軽に通話を出来るのは大きな利点となります。

 

同条件の料金だとChatworkの方が安い

Slack、Charworkはアカウントを作れば、どちらも無料で使用することが出来ますが、メッセージログを遡れるような制限を外したりするためには、有料版へ切り替える必要があります。
その際、1ユーザーのあたりの料金がかかってくることになりますが、両者を比べた時に最低限企業で使う事を前提とし、年間契約の場合で比較すると、Chatworkは月あたり500円Slackは850円となっています。

管理機能を強化したい場合は、更に上のプランにする必要がありますので、自分達がどの機能を使用したいかは問い合わせてプランの相談をするのが良いでしょう。

 

簡潔に使いたいならCharwork、細かい設定をしたいならSlackか

料金の比較から見ても、Charworkの方が導入しやすい料金設定になっていますが、その分ユーザーの設定が出来る設定も簡潔になっています。
Slack側はワークスペース毎のテーマ色を変更出来たり、下書きの内容を一覧で確認出来たりと、細かい部分まで設定したり確認をすることが出来ます。

ここから先は社風やコストの相談になってくるため、既存のシステムや使用しているツールにはどちらが合うのか?をよく検討することで、ストレスなくチャットツールを選定するようにしましょう。

 

 

ギルドプロジェクトでは、現場で使用しているツールに代替するSaaSの導入、決裁者への意思決定の手助けなどの業務効率化を代行する「カワリニ」というサービス展開しております。
問い合わせは何回でも無料で対応させていただいております。
社内SEがおらず専門ではない方がこういった作業をされているような場合や、外部に委託したかった等お気軽にお問い合わせください。

 

カワリニに相談する